オタク体質はやめられない

クラシックの音楽を好む人はきっとオタク体質。
だって、何度も何度も同じ曲を聴いても、それでもまだ新しい発見があることを好むわけですから。

何度も何度も練習しても、聴いても飽きることはないのです。

私は特にその傾向が強く、好きな映画はしつこい位観ています。

スターウォーズについても相当なものです。
セリフもおぼえ(もちろん英語)、ぼそっと言ってみる。もちろん、真似です。声のトーンとか表情とかね。
エピソードⅢのアナキンがダースベーダーになってしまう経過など
音楽も含めて何度も何度も自分で演じたりします。大人としてはどうなのかなあ?と思いますが
好きなものはやめられないのです。

あとは「転々」という映画。
これもセリフをおぼえてひとりでごっこをしています。

この、何々ごっこって普通はどうなんですか?
みんなやってるのかな?やってますよね?

だから、ピアノ協奏曲なんかは
指揮者とオケとピアノを一人で口三味線でやるのです。

そうやって
夜は深く深くなっていき
睡眠不足にな〜る〜

今日も朝から色々ありまして
夜の食事にたどりつき、ホッと落ち着くともう11時.......

急に寒くなりましたのでお互い気をつけましょう!(だれに言ってるのかわかりませんが)






by erisotto-voce | 2015-11-25 23:12

ホームページは「吉井江里WIX」で検索してください。 岡山市で活動している吉井江里です♪ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。


by erisotto-voce