お花見が終わり

今日は1日
練習と片付けのためにゆっくり過ごしています。

お花見の時に
「来年も桜が見られたらいいなぁ」という呟きをキャッチしました。
そうですね。来年必ず!ということは言えないかもしれないですが
また来年もご一緒できますように。

先日、ある方から
「先生、ゆとりは大事。上手にボーッとする時間を持って、ゆっくりして。余裕がない生活はだめよ」
いや、一人や二人ではない。
いろんな方が「ゆっくりペースでね」とか
「そのままで」と言われます。

インターネットでの発信はある程度は宣伝を意識して行ってますが、「忙しい」印象を持たれてしまうのがまずいです。
会社にキッチリ勤めている人よりずっとずっと自由な時間があります。
ただ、準備や片付け、勉強など、人目に触れない部分が想像できる方は、「きっと忙しいだろう」と思いやってくださるのでしょう。

b0343646_13242213.jpg


ちょっと頭がいっぱいになってきたら
ある冊子を読みます。

岡山粋人
という、少し前まであったフリーペーパーです。
今ではサイトも無くなりましたが
一冊だけ保存してあります。
それは、お世話になっていた喫茶「東京」さんの藤井社長さんのお話が掲載されているからです。
やはり、ゆとりの時間が必要、と書かれています。
b0343646_02073122.jpg

あとはクウネルのこの号

京都で近所の独り住まいのみなさんと歌う会を開いていた男性の記事。心に深い印象の記事でした。

これを何度も何度も読んで自分のやりたいことを決めて前進してきました。
残念ながら、この取材後一年ほどでこの世を去られたそうで、ネットで検索していたらお弟子さんのブログが見つかり、先生が亡くなられたことを知りました。
この先生のように晩年を過ごすつもりです。

雑誌や会話からも
自分が励まされることはたくさんあり
大事に読み返します。

今週はちょっと予定がたくさんな様子。
でもさりげなくやります。
忙しい、と
怒涛の、、、という言葉は嫌いです。

by erisotto-voce | 2017-04-09 13:11 | Comments(0)

ホームページは「吉井江里WIX」で検索してください。 岡山市で活動している吉井江里です♪ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。


by erisotto-voce