褒められると嬉しいのです

なんでもいい。ちょっとしたことでもほめてもらったら嬉しい。だから、いいことを見つけるようにしています。
明日も明後日も本番ですから、せっかく演奏を聴いていただく機会で、髪の毛にチラチラと白いものが混ざったり、先が伸び過ぎでもつれているままではいけない、と思い
近所のサロンへ寄り、カットとカラーを済ませました。ずっとずっと髪が傷んでいて、見兼ねた方からいいシャンプーを教えていただいたり手入れ方法を教えていただき、かなり回復しました。
今日もサロンで仕上がりを見てオーナーが艶がよいと褒めてくださり、やはり嬉しいのです。

若い頃は悪い点を指摘するばかりしてて
今から思うと恥ずかしかったり、申し訳なくて過去に戻って謝りに行きたい位です。

今はとにかくいい部分をしっかり見つけてほめる。改善した方がよいところはやんわり伝える。

しかし、粘り強くいかねばなりません。
随分気が長くなりました。
それは千の風になってしまった家族から学んだと思います。

岡山ではない県の賑わっている場所では飲食店に入るには、流行っているお店ほど長い列です。
岡山ではそんなには長く並びません。
それに、若い頃とても短期だったわたしは待つことはできなかったのです。
でも、一緒に県外に出かけたとき
「ここが絶対に一番美味しいんだから」と言い、一緒に並ぼうと言います。
同じものはよそでも食べられますから他店に行こうというわたしに
「いいから並ぼう」と、その間楽しく喋って時間があっと言う間に経つように気遣ってくれた。
そういう積み重ねでじっくり待つことができるようになりました。やはり、「ちょっと待って美味しい味にたどり着いた」経験をすると、我慢できるわけです(食い意地がはってて失礼しました)。
交差点で右折するときや
細い道から右折で大きな道に出るときなども
イライラしたり、ドキドキしなくても
待っていればかならずチャンスは来るから、焦らないように、と言われ
とにかく性格が悪かったわたしもだんだん丸くなりました。
仕事の現場でもたくさんの方に教えていただいたなぁ。


髪のツヤと丸い性格と体で、明日、明後日を乗り切ります!^_^

b0343646_22225672.jpg


本日は仕事の合間に県立美術館へ。
歌を楽しむ会「成和」さんの25周年コンサート。
くにたちの先輩浦田隆司先生の門下生のみなさまです。

人生の数だけ歌がある。
素晴らしかった。
歩くのは車椅子でも杖でも
ピアノの前に立つとしっかりと前を向き
ほとんどの方が暗譜で歌われました。
きちんと衣装をつけて舞台に立たれるお姿にたくさん勇気づけられました。
また聴きにいかせてくださいね。
写真は、全体の記念撮影の時に便乗して撮りました。演奏の途中ではありません^_^


by erisotto-voce | 2017-04-13 21:38

ホームページは「吉井江里WIX」で検索してください。 岡山市で活動している吉井江里です♪ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。


by erisotto-voce