2017年 03月 28日 ( 2 )

スメタナ作曲の「わが祖国」を聴いたムハ(ミュシャ)
祖国へ帰る前はパリにいました
帰国後に16年かけて描いた「スラブ叙事詩」
とてもとても大きな絵が並んでいました。
写真は美術館の敷地内の看板。
強烈でした

b0343646_11050341.jpg

ムハ(ミュシャ)の絵は私たちがよく知る、あの絵とは少し違います。
いや、かなり。

たくさんの人がいて
まるで「スラブ叙事詩」と「群衆(ちょっとずつ動く)」 な感じ。
でも、大勢の人が鑑賞しているのに静か。
ここが素晴らしい点です。都会で絵を観る機会が多いですが、いつも感心させられます。
b0343646_01070706.jpg

草間ワールドに!

スメタナの「モルダウ」を合唱で練習する機会があり、ミュシャについて調べてくださった方も。
みんなで地球儀で場所を確認したりね。
b0343646_01070892.jpg

日本の小ささを再確認したり、、、

b0343646_01070845.jpg

その後、もう一つの美術館へ
細い道を歩いてヒルズへ
b0343646_01070914.jpg


b0343646_01070906.jpg


森美術館です。はじめて行きました。
これまた素晴らしい内容でした。
一生懸命観ましたが、脳のキャパはオーバー。
ハルシャ展は撮影可能でしたからあとからじっくり観るために少し撮りました。

b0343646_01071093.jpg

b0343646_01071100.jpg

ハルシャ展より@森美術館
b0343646_01071176.jpg





by erisotto-voce | 2017-03-28 11:02
b0343646_00434438.jpg

b0343646_00434557.jpg


東京で歩きまわったせいか、日頃の運動不足のせいか、足がもう動かなくなりました。
たくさんのことがありましたので脳もクタクタ。
新幹線に乗ったら、ストンと眠りました。
新幹線は昔は東京から帰るのに、4時間半ほど乗りましたが今は1時間違いますね。
3時間半はわたしにとっては、じっと何もしなくてよい時間で、体も心も休まります。
寝ないでいろいろを考えることもあります。

会いたい人や観たいものも観て
超駆け足の二日間は終了!

本日からまた仕事です。
仕事も楽しいのです。
多分、ピアノを弾いている時が一番幸せ!

b0343646_00434618.jpg

古いボタンが入った缶を母の持ち物から物色。
ちゃんと快諾してもらって入手
ボタンは記憶のかたまり。
昔の洋服を思い出します。

古いものが好き。
時の流れを経過してきたものが好きです。


by erisotto-voce | 2017-03-28 00:28

ホームページは「吉井江里WIX」で検索してください。 岡山市で活動している吉井江里です♪ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。


by erisotto-voce