2017年 07月 16日 ( 3 )

通販で靴を買った。先日、お気に入りのサンダルで歩けなくて、泣く泣く別れを告げたのだが
ネット上にはいくらでも買う手段が載っているので早速買った。
すぐ来た。代引きで払ってすぐに開けてなんとなく履いたらうまく行かない。
これは返品か交換しかないのかな?と思って説明を読むと
「〇〇円以下のもの、セールのものは交換、返品できません」とはっきりと書かれており、最近の通販の「返品交換送料無料」に慣れている私としては
「えーーー。困るーー」なったわけだが
それから数時間して夕方になって落ち着いて履いてみたら入る、、、、、
朝のあれはなんだったのか。
自分でもよくわからないのだ。
でも、緩くはない。ぴったりである。
頭をひねる。

あ、そうか、最近履いていた靴は革でできてはいますがドターーっとしてて
どんなに歩いても疲れない。これで東京でも京都でもどこでも行ってドタドタ歩き回っている。それになんとなく慣れてしまったんだ。足の感覚が。
これはこわいことだ。
たとえもうかかとの高い靴は履けなくなったとしても
それなりの格好をした時に履くそれなりの靴はぴったりしているし、美しいですよね。
美しいものから遠ざかるのは本当にこわい。
水は低い方に流れるのです、、、、
これは靴だけのことではない。背筋がピンと伸びたような
いやいや、ひやー〜っしたような1日でした。

ちなみに
最近ですが、オーダーが中心の谷中に、ある靴のお店があって、
それはまだまだそこにオーダーには行くことができないけど
せめて、と
そのお店の既製の靴を入手しました。

あ、、、、となりました。
これはすごい。まるで一年ぐらい履き慣れてる靴のようでいて、フィットしている。
この感覚は久しぶり。
前に、私が30代だった時に出会った靴のよう。とてもいきなりフィットした感覚を覚えています。

またいい靴に巡り会えますように。
私は履き方や扱いが荒いことを反省しています。
大事にしなくては!

相性って大事で、これは何かを習う教室でもそうではないかしら?
やっぱりレッスンには是非体験とかご見学とかお試ししてからご参加下さいね。
気楽に。
やっぱりご縁のものですから。
それに、いろいろご都合があるでしょう?
決して無理をしなくていいんですよ。
でも、ちょっとだけは無理しないと出てこられないからそこのところは力がいりますね😃

声が出ないから無理かなーーー?言われる方
出ないなら出した方がいい。そのまま行くとちょっと、、、、思いますが
それも気持ち問題なので無理に勧誘はしていません。
何事も無理は続かない。

暑いので気をつけて。熱中症脳梗塞は症状が似ているそうですよ。
また詳しく書きますが、昔と気候のハードさが変化しているから体しっかり守らないと!




by erisotto-voce | 2017-07-16 22:36


カルチャー教室の皆さんを中心に出演をこれからお願いしますが、観覧ご希望の方はご応募ください。

詳細は後ほどお知らせいたします。

わたしたちは一曲披露します。
いのちの歌
です。

なお、合唱関係の方は
アルトをお歌いくださると嬉しいです。
詳細はお目にかかったときに。

リビング合唱団
songsエリの皆さんは
今回は独自の演奏がないので

10月末に別の機会を作りました!
そちらにも是非ご参加くださいませ。
詳細は今週お知らせいたします。



by erisotto-voce | 2017-07-16 10:13
来週24日のお昼からは岡山シンフォニーホールで女声合唱の発表があります。
わたしも一団体を受け持っていますが、
今回はすごく自慢できることがあります。
三十代から九十代の団員が一緒に歌うのです。
そして、二十代のピア二ストの先生が弾いてくださるのです。
これはすごいと思います。
そして、三十代の方が最近入られたのですが、
怪我や病気やいろいろで団の練習になかなかみんなが出てこられなくて、さみしくて、萎れた(ごめん!)花のように、なんとなく力が入らなくなってたんですが、みんなシャンとしてきました(またまたごめん!)
そして、かなりお若くても、声を合わせて歌うことをちゃんとわかりながら、上手に溶け込ませるような声の使い方をしてるからすごいと思います。
お聞きしたら、わたしの後輩ですって!鹿田小学校の合唱団の🎶やっぱり素晴らしい合唱団。ちゃんと伝統が引き継がれていて!(いまはもう団は存続してないそうです)
あの夏の合唱の特訓が懐かしいです。
あの小学生の頃の経験が今の仕事のベースに、また、わたしの合唱へのこだわりになっています。
たまに、聴き合わない人が合唱すると、声が大きいだけで、ちっともアンサンブルにならない時があり、合唱って聴き合わないと、ハーモニーは調和だものね、と思いますし
横の流れだけでなく
縦の調和を大切にしてほしいな、と感じます。
ピアノも含めてです。
だから、そういった基本的なことを勉強できた小学生の時間。財産です。

先生、お元気かなぁ?
ご無沙汰してて本当にすみません。
手紙を出してみようかな?


b0343646_02052645.jpg


by erisotto-voce | 2017-07-16 01:45

ホームページは「吉井江里WIX」で検索してください。 岡山市で活動している吉井江里です♪ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。


by erisotto-voce