パーソナルレッスンという名の個人レッスンを担当していますが、パーソナルとつけたからには、その人がやりたいこと、歌いたい曲、弾きたい曲、お悩みに会話まで、できるだけ希望を叶えて差し上げたいです。
だから、ピアノと歌の両方を頑張っている方には両方を短時間で、工夫してお伝えしておりますが、最近ショパンの幻想即興曲にチャレンジしてる方のレッスンで曲を聴くたびに高校時代を思い出します。
未熟でしたから、一年に3回ある実技テストの三曲を中心に勉強し、あまり他の曲はきちんと弾けずに過ごしました。クラスみんながいろいろな曲を練習していますから、聴く機会はあり、それらも並行しておぼえて行くのです。もちろんコッソリ弾いてみるのです。コッソリ楽譜も入手し、当時はレコードですからレコードを聴き、ラジオも大活用。FMから流れるクラシックをテープに録音するのです。
必死で情報収集と繰り返し繰り返し聴くこと、毎日のコツコツと先が見えたり見えなかったりする練習。
そして厳しいレッスン。実技テストにコンクール。
幻想即興曲はそんななか、「弾きたい曲ベストテン」(わたしが)の中に入っており、先生から次に練習する曲だと電話で聞いたときには飛び上がるほど嬉しかったです。
そう、「新曲を与えられるとき」が本当に嬉しい!そして、その曲が難しくて有名だとちょっとだけこわい、でも嬉しい😃のです。
だってだんだん上手になるから、難しくなるわけですから。
そんな昔のことを思い出して
最近はダメだ。ちょっと怠けてる。できることだけでやってるなぁ、と反省です。
音大に入るための高校でとても厳しかったですが、とてもよい時間を過ごせたと思うのです。

学校を出たばかりのときは、長いレッスンがよいと思ってましたが、短い時間で効果のあるレッスンはできるなぁと最近は思います。
ただ、とても長い曲や、その曲を弾くには実力がかなり足らなくてびっくりするほどその曲をゆっくり弾くしかなくて、しかも直せないほど間違いが多い場合はどうにもなりませぬ。
そういうことも以前ありました。困りました。
そういう場合ははっきり、今は無理!と言ってあげるのが親切ですね。
そして、なぜ無理か、どういう風に練習していけばそこに到達するか、なども伝えたいです。
ピアノは難しくて、すぐには弾けない。本当に積み重ねです。

でも、ピアノは本当に楽しくて、達成感があります。一生をかけて勉強できる素晴らしいことです。
b0343646_00121436.jpg

自宅にて

# by erisotto-voce | 2017-04-30 23:35 | Comments(0)
昨日のコーラスの練習にはピアノ伴奏をして下さる先生がいらして、合わせをしました。
多分、すごく捗ったと思います。合唱のみなさんには今まであまりいわなかったような細かいこともお伝えして
ああ、なんか面倒、と思われてないかしら?
でも、実は7月のコーラス発表会で歌う曲はどなたでもご存知の曲を選んでしまいましたので
やっぱり美しく歌いたいのです。

わが団も年齢が大きめになってきて、お怪我などで入院されている仲間もいてちょっと心配です。
合唱団は行動を共にすることが多いので仲間の結びつきが深いです。わたしとの関わりも多いのです。
二十年が経過すると、50歳だった方も70歳だものなあ....いや、でもでも70歳はまだ若い。
多分若手に入ると思うのです。
とにかくみんな一緒に今度の舞台に立てますように。私も暗譜で頑張って振ります。
よろしくお願いします。

休みを満喫しています。
仕事関係のメールや電話、できてなくってごめんなさい。
私は土曜は仕事のことが多いですが一般のお仕事の方はお休みだと思うので電話はできません。
くつろいでいらっしゃるかもしれないのに、携帯電話に電話はできないんです。だからまた月曜に!

学生時代の5月の連休は海に入ることが多かったです。5月は気温はあたたかくても水温は実はとても低い。
ウエットスーツを着てもやっぱり寒くてひどい熱を出したことがあります。
友達がそっとヨーグルトなどの食べ物を家まで持ってきて置いてくれていました。
あんなに助かった、うれしかったことはないです。
私も他の子が熱を出したとき、おなべに雑炊を作って持っていきました。
親切にしてもらったら親切になれます。とても喜んでくれました。
その二人とも遠くにいるから会えないけど、またいつか会えるといいな。
もちろんけんかをしてしまったこともあります。私も性格がキツい方なので言いたい事を言ってしまう。

そういう過去のことなどもあるけど、やっぱり一緒に歌えてよかった、あえてよかったね、という内容の
「逢えてよかったね」という曲。ピアノの小原孝さんの作った曲。いい曲です。ほんと。
石井好子先生のコンサートの為に作られたそうですが
どなたにでも当てはまる内容です。

このGW。ゆっくり休みはしますが(今日はこたつを片付け、くんせいなど作りましたぞ)
まだまだ知らない、歌えない、弾けない曲が多いので、譜読み祭りでもあります。
たまに「なんでも弾けるしなんでも歌えるよね」と言われますがとんでもないです。
まったく足らないです。これだけやってもまだまだほんの少ししかできてない。頑張ります。


b0343646_00031720.jpg
年賀状の返事最終の三十枚できた。

今年から年賀状休んでます。

# by erisotto-voce | 2017-04-29 21:39 | 日常 | Comments(0)
就職活動なんてする気もなく、まわりもあまり考えてない、そんな音大生活。しっかりした人はちゃんと教員になるべく活動してました。
わたしは本当に「卒業したから田舎へ帰らないといけないなぁ」と思うだけで、ギリギリまでダラダラと東京にいて、
父親に怒られて^_^やっと帰りました。

帰ってきて数日後の新人演奏会の日は友人の伴奏をしないといけないというのに、四年間の疲れが出たのか、高熱を出してしまい、リハーサルへ行くのも不可能で、どうやって会場に行き、どうやって「ラクメ」の鐘の歌を弾いたか全く記憶にないのです。
40度近い熱でした。

その後、実家も引越し、前後が田んぼ!という
東京→田んぼの中、と、あまりにも違う環境に頭がクラクラしましたが、とりあえずアルバイトをしよう!といきなり出かけて、すぐ決めて帰りました。

世の中にはいい方がたくさんいて、レストランでピアノを弾く仕事や、ホテルでピアノを弾く仕事、島の教員などのお話を持ってきてくださいましたか、母が話をつけてくれたママさんコーラスの伴奏とアルバイトのみ、話がまとまりまして
ちょうど4月の終わり頃は立ち仕事で足が棒のようになり、朝は朝で早く起きてウォーキングに行くことが家族の日課で_| ̄|○頑張ってました。
ピアノと歌の練習だけは続けていましたが、そのうちにアルバイト先のマネージャーさんがピアノ教室のお仕事もしなさいと話をまとめてくださいました。
もうお名前も覚えてないですが、ありがとうございました。
その教室からのご縁は様々な枝にわかれながら現在も繋がっていて、アルバイトを探しに行き、自分の好きな洋服のブランドのお店に飛び込んだ「はじめの一歩」を踏み出したことを懐かしく思います。あれがなければ出会えなかった人も仕事もたくさんです。
ちょっとしたタイミング、勇気で先が変わるのだから人生って面白い。
b0343646_00183604.jpg


# by erisotto-voce | 2017-04-28 23:52 | Comments(0)
ただいまから思い切って休みます。
一日、二日はすこし仕事を入れておりますが
いつもよりずっと緩やか。
休むことも大事。

ゆっくり休む&お勉強の日もあり
楽しみにしております。

では!また

さて、三時からアルコール時間へ( ゚д゚)

b0343646_14550730.jpg


ヴィンテージの洋服の中から久しぶりにヨーロッパのワンピースとアメリカのベストを出してきて着ています。
人と被らないからいいですよ。

昔、ある式典に
デパートで買ったきちんとしたスーツを着て行ったら、同じものを着ていた人がいて
悲しかった。
単品なら組み合わせで違う印象になるけど
スーツは全身だから、、、、

# by erisotto-voce | 2017-04-28 14:48 | Comments(0)
先日入手した「それいゆ」や「キネ旬」
懐かしいレコードを持参して、昔の曲を歌いながら昭和に浸って楽しみました。
b0343646_19045452.jpg

写真の中の「それいゆ」は1953年のもので
その年にはどんな曲が歌われていたか?などをテーマにお話もしながら。

講座が終わるとファッションの話など
女子力を高め合いました。
ちょっと近くの集まりに出かけて行くときでもスカートを履き替えたり、髪を整え、口紅をさして、と
普段気をつけていらっしゃることなども話しながら。
やはりそういうことを忘れてはだめですね。

今朝はなんだか気持ちが重たくて。
原因は自分でもわかっています。
でも、ピアノ弾いて歌ってたら、ちょっといい感じに。やはり歌を歌うのは全身に血が巡るような、そんな感じがいたします。
ちょっと元気にはなりましたが

対応はほどほどに。
距離感を大事に。

というのが守られてないと、わたしはだめなようです。
どうかそのあたりくみとっていただきたいものです。



# by erisotto-voce | 2017-04-27 18:52 | Comments(0)

ホームページは「吉井江里WIX」で検索してください。 岡山市で活動している吉井江里です♪ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。


by erisotto-voce
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31