カテゴリ:音楽を仕事にしたいなら( 4 )

合唱の指導ができる人がもっと育つといいのになあ....

合唱指揮の勉強をする人が増えるといいのにな

ピアノを弾きながら歌える声楽家が増えるといいのにな

コードでアレンジしてすぐ弾けるような人がいっぱいいるといいのにな

移調が自在にできるひとがいっぱいいるといいのにな。


など、いろんなことを考える。





音大を出て音楽で生計を立てられるようになるには

音大を出てから、かなり努力しないといけないのです。

まだ?と思う位投資も必要で、資料も多く必要。


それをしないで、すぐには仕事がないのは当たり前の気がする。

あきらめないで。続けていけばきっとよいことがある。


あとはね、気の強さも大事ですけど

やっぱり人。自分の人柄、集まってくる人を大事にする。


昨日、娘からラインで

音大を出た強みに関する書籍が結構出てるよ〜と知らせがあった。

お〜〜読んでみよう。




by erisotto-voce | 2016-02-19 17:07 | 音楽を仕事にしたいなら | Comments(0)
マイベストプロコラム ←クリックしてください

コラムでコードのことを書くのは本当に難しいです。

ある楽器のあるレッスンに生徒として参加ときに
すぐにコードを教えていただき、その押さえ方をおぼえていきました。

私はそれはわかっているので別になんとも感じなかったのですが
お隣に座られた方が、そのコードの意味がわからなくて苦戦しておられたので
少しアドバイスさせていただきました。
それをおぼえて、おさえて、楽譜通りに奏でれば、特に問題なく曲は進むのですが
CとCmは何が違うの?どういうことなの?
そこを教えてあげないと、何がなんだかわからないような気がしました。

いや〜そんなことぐらいわかるでしょう?と思われるかもしれないけど
それは自分にあてはめて考えてはいけないです。
本当に初歩の初歩の方には、やっぱりわかりやすく、わかるまで教えてあげないとわからないままです。
でも、その方は根気がありました。よく頑張られて
今はきっとわたしよりその楽器については上手に弾かれると思います。

コラムはそういう初心者の方ではなく
長年、クラシックを専門的に勉強されて来られたけど
いざ他の音楽も楽しもう、と思うとできない。という方向けです。

私の行った学校の授業の中にはコードを使用したものもありましたし
鍵盤ハーモニーという授業やアレンジのこともなんとなくふんわりと教えて下さる先生もいらしたのですが
なにしろわからない!
わからないまま、なんとかやりすごし
大人になってこれでは困るな〜と思ったのです。

クラシックの大きな曲を勉強もしながら
なんでもアレンジして弾けたら楽しいですよ〜ってことを
本当に簡単なところから丁寧に書いていきます。
わかりきっとるわ!ときっと言われるようなところから(笑)

恥ずかしながら
何もできなくて泣いた日も経験しています。
今は私なりに勝手に手が動くようになりました。
絶対にできる。

せっかく音楽の勉強を長い間させてもらったのだから
音楽をもっと続けて、楽しんで
色々に展開させていけるといいですよね。

でも書くのは難しい。
本当は実際に教えた方が絶対に楽だと思いますが
頑張ってみます。
今年の課題です。

今からでもいいから
音楽をスタートしたら、今迄よりもっと世界が広がる。と私は信じています。

楽譜も苦手と言わず
今見たら簡単かもしれない。
音符と仲良くするのも悪く無いです。



by erisotto-voce | 2016-01-07 02:04 | 音楽を仕事にしたいなら | Comments(0)

久しぶりの初詣

何年振りでしょうか?初詣に行きました
b0343646_01550158.jpg

b0343646_01550114.jpg


おみくじもひいたのですが、「あせらず」とありました。

あせること。あります。
人のことも多少気になります。特にフェイスブックを見ると焦ります。
あれがすべてではないとはわかっていても
くらべてしまいます。
今年はもう見ないようにすると思います。

その後食事に行き、テレビを少し見て今に至りますが
この年末年始、よく休みました。
ゆっくりできてよかったと思います。

明日もお休みですが、仕事の用意をします。
準備と片付け。今度こそ!

ピアノも三日間は弾かなかったので、明日からまた。

コードを見て自由自在に伴奏がつけられたり、移調が簡単にできる方法を(努力は必要ですが)コラムに書いていこうとしています。

家でずっと閉じられたままのピアノやキーボード
遊びながら弾かれることが多くなりますように。

生演奏はかたちがないけど
すごく価値あるものだと思います。
昔のようにたくさんの子供がこぞって習うものではなくなっていますので、弾ける人がどんどん少なくなっていくように思います。
以前弾けたひと
大人でまだ弾いたことがないひとが、奏でてみる。そんな風になるといいな〜

卒論は伴奏についての一考察でしたが
ここちよい伴奏についても話したい。
歌いやすい、息のぴったりあった伴奏
そして互いに音楽できる喜びを感じるような、そんな伴奏。

今年は新しいチャレンジも。

そして、今迄かかわってきた、市民ミュージカルなどの裏方のことはここで終了したいと思います。
最初にかかわったのは「風のなかの子供達」という作品。
それから、アルゴミュージカルやオペレッタ。
市民のミュージカル、オペラ。
たくさんのことに関わらせていただきましたが
ここで一旦終了させていただく予定です。

これからは合唱指揮や指導やクラシックの勉強、講座やレッスン。特に中高年の方との歌の会!
そして、まだあるやりたいことに進みます。作曲もアレンジも!
その中には自分の生活を大事にする。ということも入っています。
季節もきちんと感じて楽しくやってまいります!



b0343646_01423513.jpg

二回とも同じ席!
by erisotto-voce | 2016-01-04 00:59 | 音楽を仕事にしたいなら | Comments(1)
コラム ピアノはひとりオーケストラ

私は以前はあまりオーケストラを聴かなかったです。

ピアノの曲、あるいはピアノ協奏曲
また、歌曲などを中心に聴いていました。

でも、それだけではだめなんですよね.....

オペラも聴いた方がいい(オケもちろん入っています)
管弦楽も
他の楽器も聴いた方がいいのです。

また、合唱の場合はたとえばモーツアルトのレクイエムや
バッハのロ短調ミサ曲のように、合唱とソリストとオーケストラというものもありますから
それも聴いた方がいい

でも、音楽の仕事をしている、あるいはしようとしているのにあんまり聴いてない人がいるように感じます。
いまはパソコンでも何でも観たり聴いたりできるのですから
研究しましょう

お願いします

音楽のキャパをひろげましょう
オケだけの問題ではなく、他のジャンルの曲にも興味を!

苦手なものも当然あってもいいですが
とにかく今よりもっと貪欲に音楽をもとめていきませんか?
そうでないと仕事はできません.....

レッスンで与えられた曲だけを黙々と弾いても仕方ないです
そんなことしてたら、一生にできる曲はほんの少ししかない。
どんなにたくさん頑張って練習しても、きっと一生かかっても演奏しきれないほどあるのだから。曲は。

でも、どれもできあがらず、つまみぐいばかりして結局何もできてないっても困るので
よく考えて柱になるものは必要ですね。

楽しむことも大事!

音楽って
練習って楽しいんです





by erisotto-voce | 2015-12-20 11:54 | 音楽を仕事にしたいなら | Comments(0)

ホームページは「吉井江里WIX」で検索してください。 岡山市で活動している吉井江里です♪ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。


by erisotto-voce
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31