<   2017年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

パーソナルレッスンという名の個人レッスンを担当していますが、パーソナルとつけたからには、その人がやりたいこと、歌いたい曲、弾きたい曲、お悩みに会話まで、できるだけ希望を叶えて差し上げたいです。
だから、ピアノと歌の両方を頑張っている方には両方を短時間で、工夫してお伝えしておりますが、最近ショパンの幻想即興曲にチャレンジしてる方のレッスンで曲を聴くたびに高校時代を思い出します。
未熟でしたから、一年に3回ある実技テストの三曲を中心に勉強し、あまり他の曲はきちんと弾けずに過ごしました。クラスみんながいろいろな曲を練習していますから、聴く機会はあり、それらも並行しておぼえて行くのです。もちろんコッソリ弾いてみるのです。コッソリ楽譜も入手し、当時はレコードですからレコードを聴き、ラジオも大活用。FMから流れるクラシックをテープに録音するのです。
必死で情報収集と繰り返し繰り返し聴くこと、毎日のコツコツと先が見えたり見えなかったりする練習。
そして厳しいレッスン。実技テストにコンクール。
幻想即興曲はそんななか、「弾きたい曲ベストテン」(わたしが)の中に入っており、先生から次に練習する曲だと電話で聞いたときには飛び上がるほど嬉しかったです。
そう、「新曲を与えられるとき」が本当に嬉しい!そして、その曲が難しくて有名だとちょっとだけこわい、でも嬉しい😃のです。
だってだんだん上手になるから、難しくなるわけですから。
そんな昔のことを思い出して
最近はダメだ。ちょっと怠けてる。できることだけでやってるなぁ、と反省です。
音大に入るための高校でとても厳しかったですが、とてもよい時間を過ごせたと思うのです。

学校を出たばかりのときは、長いレッスンがよいと思ってましたが、短い時間で効果のあるレッスンはできるなぁと最近は思います。
ただ、とても長い曲や、その曲を弾くには実力がかなり足らなくてびっくりするほどその曲をゆっくり弾くしかなくて、しかも直せないほど間違いが多い場合はどうにもなりませぬ。
そういうことも以前ありました。困りました。
そういう場合ははっきり、今は無理!と言ってあげるのが親切ですね。
そして、なぜ無理か、どういう風に練習していけばそこに到達するか、なども伝えたいです。
ピアノは難しくて、すぐには弾けない。本当に積み重ねです。

でも、ピアノは本当に楽しくて、達成感があります。一生をかけて勉強できる素晴らしいことです。
b0343646_00121436.jpg

自宅にて

by erisotto-voce | 2017-04-30 23:35
昨日のコーラスの練習にはピアノ伴奏をして下さる先生がいらして、合わせをしました。
多分、すごく捗ったと思います。合唱のみなさんには今まであまりいわなかったような細かいこともお伝えして
ああ、なんか面倒、と思われてないかしら?
でも、実は7月のコーラス発表会で歌う曲はどなたでもご存知の曲を選んでしまいましたので
やっぱり美しく歌いたいのです。

わが団も年齢が大きめになってきて、お怪我などで入院されている仲間もいてちょっと心配です。
合唱団は行動を共にすることが多いので仲間の結びつきが深いです。わたしとの関わりも多いのです。
二十年が経過すると、50歳だった方も70歳だものなあ....いや、でもでも70歳はまだ若い。
多分若手に入ると思うのです。
とにかくみんな一緒に今度の舞台に立てますように。私も暗譜で頑張って振ります。
よろしくお願いします。

休みを満喫しています。
仕事関係のメールや電話、できてなくってごめんなさい。
私は土曜は仕事のことが多いですが一般のお仕事の方はお休みだと思うので電話はできません。
くつろいでいらっしゃるかもしれないのに、携帯電話に電話はできないんです。だからまた月曜に!

学生時代の5月の連休は海に入ることが多かったです。5月は気温はあたたかくても水温は実はとても低い。
ウエットスーツを着てもやっぱり寒くてひどい熱を出したことがあります。
友達がそっとヨーグルトなどの食べ物を家まで持ってきて置いてくれていました。
あんなに助かった、うれしかったことはないです。
私も他の子が熱を出したとき、おなべに雑炊を作って持っていきました。
親切にしてもらったら親切になれます。とても喜んでくれました。
その二人とも遠くにいるから会えないけど、またいつか会えるといいな。
もちろんけんかをしてしまったこともあります。私も性格がキツい方なので言いたい事を言ってしまう。

そういう過去のことなどもあるけど、やっぱり一緒に歌えてよかった、あえてよかったね、という内容の
「逢えてよかったね」という曲。ピアノの小原孝さんの作った曲。いい曲です。ほんと。
石井好子先生のコンサートの為に作られたそうですが
どなたにでも当てはまる内容です。

このGW。ゆっくり休みはしますが(今日はこたつを片付け、くんせいなど作りましたぞ)
まだまだ知らない、歌えない、弾けない曲が多いので、譜読み祭りでもあります。
たまに「なんでも弾けるしなんでも歌えるよね」と言われますがとんでもないです。
まったく足らないです。これだけやってもまだまだほんの少ししかできてない。頑張ります。


b0343646_00031720.jpg
年賀状の返事最終の三十枚できた。

今年から年賀状休んでます。

by erisotto-voce | 2017-04-29 21:39 | 日常
就職活動なんてする気もなく、まわりもあまり考えてない、そんな音大生活。しっかりした人はちゃんと教員になるべく活動してました。
わたしは本当に「卒業したから田舎へ帰らないといけないなぁ」と思うだけで、ギリギリまでダラダラと東京にいて、
父親に怒られて^_^やっと帰りました。

帰ってきて数日後の新人演奏会の日は友人の伴奏をしないといけないというのに、四年間の疲れが出たのか、高熱を出してしまい、リハーサルへ行くのも不可能で、どうやって会場に行き、どうやって「ラクメ」の鐘の歌を弾いたか全く記憶にないのです。
40度近い熱でした。

その後、実家も引越し、前後が田んぼ!という
東京→田んぼの中、と、あまりにも違う環境に頭がクラクラしましたが、とりあえずアルバイトをしよう!といきなり出かけて、すぐ決めて帰りました。

世の中にはいい方がたくさんいて、レストランでピアノを弾く仕事や、ホテルでピアノを弾く仕事、島の教員などのお話を持ってきてくださいましたか、母が話をつけてくれたママさんコーラスの伴奏とアルバイトのみ、話がまとまりまして
ちょうど4月の終わり頃は立ち仕事で足が棒のようになり、朝は朝で早く起きてウォーキングに行くことが家族の日課で_| ̄|○頑張ってました。
ピアノと歌の練習だけは続けていましたが、そのうちにアルバイト先のマネージャーさんがピアノ教室のお仕事もしなさいと話をまとめてくださいました。
もうお名前も覚えてないですが、ありがとうございました。
その教室からのご縁は様々な枝にわかれながら現在も繋がっていて、アルバイトを探しに行き、自分の好きな洋服のブランドのお店に飛び込んだ「はじめの一歩」を踏み出したことを懐かしく思います。あれがなければ出会えなかった人も仕事もたくさんです。
ちょっとしたタイミング、勇気で先が変わるのだから人生って面白い。
b0343646_00183604.jpg


by erisotto-voce | 2017-04-28 23:52
ただいまから思い切って休みます。
一日、二日はすこし仕事を入れておりますが
いつもよりずっと緩やか。
休むことも大事。

ゆっくり休む&お勉強の日もあり
楽しみにしております。

では!また

さて、三時からアルコール時間へ( ゚д゚)

b0343646_14550730.jpg


ヴィンテージの洋服の中から久しぶりにヨーロッパのワンピースとアメリカのベストを出してきて着ています。
人と被らないからいいですよ。

昔、ある式典に
デパートで買ったきちんとしたスーツを着て行ったら、同じものを着ていた人がいて
悲しかった。
単品なら組み合わせで違う印象になるけど
スーツは全身だから、、、、

by erisotto-voce | 2017-04-28 14:48
先日入手した「それいゆ」や「キネ旬」
懐かしいレコードを持参して、昔の曲を歌いながら昭和に浸って楽しみました。
b0343646_19045452.jpg

写真の中の「それいゆ」は1953年のもので
その年にはどんな曲が歌われていたか?などをテーマにお話もしながら。

講座が終わるとファッションの話など
女子力を高め合いました。
ちょっと近くの集まりに出かけて行くときでもスカートを履き替えたり、髪を整え、口紅をさして、と
普段気をつけていらっしゃることなども話しながら。
やはりそういうことを忘れてはだめですね。

今朝はなんだか気持ちが重たくて。
原因は自分でもわかっています。
でも、ピアノ弾いて歌ってたら、ちょっといい感じに。やはり歌を歌うのは全身に血が巡るような、そんな感じがいたします。
ちょっと元気にはなりましたが

対応はほどほどに。
距離感を大事に。

というのが守られてないと、わたしはだめなようです。
どうかそのあたりくみとっていただきたいものです。



by erisotto-voce | 2017-04-27 18:52
b0343646_22343376.jpg

禁酒会館で歌声喫茶の講座を済ませて
急いで自作のお弁当を食べる🍙
一カ月に四回はお弁当を作る。

お弁当って家族のために義務で作っていた時はちょっと面倒だなぁと思ってました。
作るのは嫌いじゃないですが、毎朝ですからね。
二十年ほど続き、もう誰にも作る必要がなくなり、それはそれでちょっと寂しいです。
特に新婚当初はとてもとても喜んでくれたし、子供たちのお弁当にも小さな手紙をつけたりして、、、朝早くお弁当を作り、午前中はパッチワークをしたり、お布団干したりして
今とは全く違う生活をしてたような気がします。
公園デビューなどもしましたねえw
その時その時で生活は違うから毎日を丁寧に過ごせて、少し楽しめたらいいな。

上の画像は、今日は懐かしいレコードをディスプレイしてみました。
ジャケット、味がありますね。
「同期の桜」のジャケット写真は松方弘樹さん。
倍賞千恵子さんのジャケットもあります。
レコードは、オークションで手に入れたり
いただいたりしています。

昼食を済ませたら急いで支度をして、商店街を歩いて天満屋カルチャーへ向かいます。
車で移動してもよいように、カルチャーさんには駐車場と駐車券を用意していただいてますが、ダラダラと歩いて行くのが楽しみです。

懐かしいお店。閉まってるお店もありますが、
昔からのお店や、新しいカフェなどもあり、楽しみながら歩いています。
先日もロマランさんで演奏会のお祝いのお菓子を選びました。そういう時にお店の方と交わす会話をとても愛おしく思います。自然な会話。声のトーン♬

例えば、義務で言われる「いらっしゃいませー」心がどこかに飛んでいってるような声のトーンのこと、ないですか?
普通に話したらいいんでは?

商店街のお店で結構話し込んでますが(立派なおばちゃん)なんかいいんですよ。和む。
これは商売する方にとってもお客さんに購買意欲を持たせるからよいし、お客さんもとくに高齢の方やわたしのようにあくせく働いてちょっとだけ疲れがたまってる人にはよい作用があると思う。

ただ、もうちょっとだけ人が多いといいな。
やはり大きな商業施設に車でチャーッと吸い込まれて、中でいろいろ見られるのは魅力。駐車料金も見直され、平日は三時間無料はありがたいです。
でもね、商店街や路面店。よいお店はたくさんあるからわたしはそのあたりを攻めていきたい。

通販ばかりに頼って生活せざるを得ない時期もありましたが、いまはちょっとゆったり目で見てさわって感じて買い物したり、会話したいね。

今日も一緒に音楽したみなさんありがとうございました😊
明日も楽しみにしています。

今夜遅くにちょっとだけコラムを書きます。
家でできる簡単なボイストレーニングの方法です。

明日アップ予定です。
by erisotto-voce | 2017-04-26 22:02
こんばんは。
昨年ぐらいからとにかく毎日たくさんの方にお目にかかるので、それでもなんとか定期的に受講してくださる方のお名前とお顔をおぼえようと頑張っている。
定期的ではない、第九の合唱やシンフォニーホールの歌え!わが心はちょっと難しいです。
とにかく百人以上を一度にレッスンすると
後ろが見えないんです。
だから、終演後に近くに来て話しかけていただくとばっちりわかるので、お疲れとは思いますが( ◠‿◠ )是非声をかけてください。
さて、定期的にきちんとお目にかかる数百人については、かなり確実におぼえてまいりました。
五十人以上のチームや
単発の講座については、今まではあまり出席簿を読み上げなかったんですが、今年はきっちり読み上げてお返事をいただき、確認。
また、ちょっと言葉を交わしたり
質問したりすることもあります。
そうやってコツコツとおぼえていきます。

そこまでしなくてもいいかもしれないけど、私は自分が逆の立場の場合、やっぱり先生にはおぼえて欲しいです。

そういえば!
フェイスブックでどなたかとの繋がりで、アナウンサーをされていて朗読の会を主催されている森くにえ先生からお友達申請をいただきました。
実は三十年前に先生の朗読の会で、ピアノを弾かせていただきました。はじめてカルチャークラブという場所へ足を踏み入れたのです。なごやかな会で、そのあと会食もあったかな?当時恥ずかしがり屋だった(今もですけど、、。)からみなさんの楽しいお話をニコニコしながら聞いていただけだと思いますが。
あのときから三十年。
先生に早速メッセージを送り
三十年前にピアノでお世話になりました、と書くとすぐにレスポンスが!
!○○エリさん?ひょっとして。と。
びっくりしました。すぐに旧姓のフルネームを。
先生の記憶力は素晴らしい。
そして、それはやっぱりちょっと一度仕事を頼んだ相手でもきちんとおぼえようとしてくださった先生のお人柄ですね。
このことからも、やっぱり毎日たくさんの方にお目にかかるけどなるべくおぼえたい。
話しかけたいと思うのであります。
わたし自身の脳のトレーニングでもあり
いい機会に恵まれております。
お顔をおぼえるために、時々は写真を撮らせていただきますが許してね❤️

そして、お顔を拝見しながら結構しっかり見てますよ。心配な様子がある場合は、まわりの人も巻き込んで少し言葉を交わすようにしています。

明日は禁酒会館でリビング新聞の講座「歌声喫茶」です。
お茶の用意などもありますが、準備が楽しい。
自分でも意外です。
準備も楽しく、ピアノ弾いたり歌ったりも楽しく、賑やかに、時には神妙に(曲によっては)
やはり、生のピアノはいいですね。かなり年齢を重ねたピアノですが、わたしは好きです。

💤
b0343646_00122902.jpg

今日は鶏肉を仕込みました。鶏ハムをつくるのです。塩豚も便利ですよね。
おやすみなさい💤
by erisotto-voce | 2017-04-25 23:40
いきいき健康ボイトレin禁酒会館は
7月の第四火曜日の午前中からスタートします。
単発受講できる気軽なクラスです。
ただし、12月は歌い納め会になりますから
年内は7月から11月の五回です。

今年は第九は合唱指揮は他所から先生が来てくださるそうなので、ちょっと時間的なことがキツくないかな?楽しみなことも入れていきたいです。

ずっと着てなかったワンピース。
久しぶりに着たらいい感じ。
どうもここ数年は目の前にあるもの、目の前の出来事しか目に入らなくて。
ちょっとゆっくり家の中を捜索してみたい。

今日、体を鍛えるグッズが届いたので早速試してみる。
やはり運動しないとダメですねぇ。

おやすみなさい⭐
by erisotto-voce | 2017-04-25 02:20

眩しい若さと楽しさと

b0343646_21472639.jpg

岡山大学グリークラブの入部式に参加して
来賓挨拶という緊張するシーンを体験してきました。
新しい人たちが入部して
その新入生との年齢の差はどんどん離れていきますので、いまは自分の娘たちより少し若いひと、という印象。
もうしばらくすると、孫のような感じがしてくるのでしょうね。

写真はお顔がわからないように加工していますが、二回生から4回生がそれぞれのパートで自己紹介を兼ねて演技?のようなことをしますが、写真はみんなで踊っているところ。
普段、きっちりと立って真面目に歌っている姿を主にみているせいか、今日のみなさんのパフォーマンスを見てびっくりしました。
素晴らしいなぁ。

若いって素敵。
わたしは若いときは客観的に見るとどんな人だったのかしら?

とにかく
新入生のみなさん、入部おめでとう!

式の後はOB会のお兄様方とお茶を。
ごちそうさまでした。
楽しかったです。
学生時代の仲間とずっと繋がっていて羨ましいです。
by erisotto-voce | 2017-04-22 21:35
↑と思いませんか?

ある方が突然家に帰ることができなくなり
一人暮らしから高齢者向けの住まいにかわられたとき、ちょっとショックでした。
住まいをかわる場合、
一人暮らしは体の機能の低下で難しくなり、安心なところに転居して、もしもの場合に備えるため。
あるいは、だんだんと脳の認知機能がはっきりしなくなり、一人暮らしは難しいと判断されたため。
などの方を知っていますが、
後者の場合、よくよく考えてみると
ある日突然そうなるわけではなく、だんだんと時間をかけてそうなっていく、その芽が出るのは症状が出る頃よりずっと前だったな、と。
例えば、合唱の練習も歌、楽器も、曲の最初から最後まで通して行うことばかりではなく、部分を取り出して練習します。
だから、場合によっては、前後が逆の順番で練習されることもあります。
二十年ほど前にそういう練習をしてたときに
「先生の指導はよくわからない。」と言われたり、「そんな面倒なことはいやだ」「こんな曲はよくわからない」と言われてたことを思い出しました。
悔しくて、何度も泣いたんですが
今考えてみると、本当にわからなかったんでしょうね。わからなくなりはじめていた。たぶんそう。意地悪でもなんでもなかったのでしょう。
難しいことや面倒くさいこともやっておかないと脳の機能はぐんぐん衰えますから、そう思う前の段階でなんとか自分でいろんなことにチャレンジしたり、人と関わることを積極的にすすめていって刺激を受けたらよいのかも。
だから実は40代、50代の過ごし方が重要かもしれないです。
子育て、受験や家族のサポートで忙しいなか、何か自分ができることや学びたいこと、仕事や母親業や妻業やお嫁さん業以外の自分の大事なもの
好きなことを見つけたいですね。
わたしの教室は比較的年齢が大きい方が中心ではありますが、リビング合唱団や山陽新聞カルチャーは40代50代の方が多いです。
また、80代であったとしても、皆様後ろ向きではなく、前向きに真剣に学ばれて
最近の曲もちゃんと受け入れてくださってます。
だって、いつの曲でもいい歌はいいわけですから、ちゃんと聴かずに拒絶するのは残念。
音楽だけでなく、なんでもいいから好きなことを見つけて、真剣に取り組んでみる。それがいいかも!
いつか、この世にさよならするときに
あんなことがしたかったなぁ、と思うより
やってみたけど失敗しちゃった。でも後悔はないよ!と思う方がいい、と思います。
b0343646_03101007.jpg

またここで昼食。
ハマってます

あ、今日はリンパマッサージを受けて来ました。最高でしたよー
by erisotto-voce | 2017-04-21 01:54

ホームページは「吉井江里WIX」で検索してください。 岡山市で活動している吉井江里です♪ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。


by erisotto-voce