<   2017年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

先日、とある会のみなさんと唱歌や童謡を歌って、録音して聴いてみたんですが
私の声よりみなさんの声の方があたたかみがあって、豊かで素晴らしいんです。
童謡だからって子供の声で歌う必要はなく、そのままでいいんですが
よく言われるのが「若い頃のように声が出ない。高い声も出ないし、おばあさんの声になってしまって」という意見。
でも、違いますよ。若い声に合った曲ももちろんあるけど
多くの歌は、熟した(失礼!)声で歌うことで魅力が満開になります。
その録音を聴きながらつくづくそう思いました。
人生を長く過ごしてきた声の魅力って本当に素晴らしいのです。

大学生の合唱団がどんなに上手に歌ったとしても
曲によっては大人の声の方がいい場合も多いのです。
今の声をもっともっと好きになって欲しい。それが私の気持ちです。
そして、それをどうぞ保って欲しいのです。
そのためには呼吸のトレーニングや、なるべく声を出す事を心がけてください。

私は岡山に住んでいますが
岡山弁はあんまり甲高い声やふわふわした声は合わないかもしれない。
耳にここちよい声もあればそうでもない声があります。
それはお話している声のことです。
私も実は低いのですが、低いなりにあまり声帯に負担をかけないように喋っています。
街で聞こえる声に耳を傾けていると
「ああ、これはのどにあまりよくないな」と思う声の出し方で喋っている場合も耳にします。
そして、ビジネスや接客の現場での声の出し方にはひょっとしたらもう一工夫が必要な場合もありますね。

あるスーパーのレジではいつも同じ人のところに並びます。
その方の癒し系の低くて丁寧な声が好きなんです。
そして、所作も丁寧です。ひょっとしたらゆっくりしてるかもしれないけど
なんだか好きです。
あの声はすごくいい。歌を聴いてみたいです。

とにかく、顔が違うように声も違うので
それぞれの声の魅力をアップさせていただけたらいいな〜といつも思うのです。

今日は午前中は山陽新聞本社のカルチャー「歌っていきいき健康ライフ」でしたが
体調を崩されていた方が元気に戻ってきて下さって、とても嬉しかったです。
また、他の場所でレッスンを受けていて下さった方が、遠くから今度は岡山教室まで足を伸ばしていただくことになり
再会を喜び合いました。
この教室はこの四月で七年目に入ります。
ずっと安定してたくさんの方に受講していただいており、私もさらに充実した内容を!と
これからも研究や準備に励みます。
やはり、「行ってよかった」と思われる教室を目指したいです。
そのためには「学び」の要素も必要です。「新しい情報」を得る事も。
ずっとずっと手を抜かないで前進します。



b0343646_00332501.jpg


by erisotto-voce | 2017-04-05 21:39 | 日常 | Comments(0)

やった

b0343646_21512752.jpg

セルフタイマーの集合写真
みんな真面目に座ってましたが、
こっそりこんなポーズ
決まった!

b0343646_21512784.jpg

b0343646_21512801.jpg

b0343646_21512833.jpg

b0343646_21512956.jpg

b0343646_21513052.jpg

b0343646_21513061.jpg

b0343646_21513137.jpg

b0343646_21513282.jpg

b0343646_21513237.jpg

仕事の後はいろいろ見て回りました
写真の説明を書いたけど途中で充電が切れたから消えちゃいました。
近くにも楽しいこと
楽しい場所
美味しいもの
いっぱいあってありがたい!

春!楽しみますよ

by erisotto-voce | 2017-04-04 21:47 | Comments(0)

春の宵

b0343646_17142826.jpg

桜がさーくーと
花ばかり

さぁ、続きわかりますか?
by erisotto-voce | 2017-04-04 17:01 | Comments(0)

桜の木の下で

b0343646_23072688.jpg

仕事先の敷地内の桜だけがまわりの桜よりも先に咲いていた。
必然的に、通る人同士が会話をするのだ
はじめて会った同士、いつも会う同士
みんな上を見上げ
笑顔になる
花の持つ力はなんとすごいことか。

b0343646_23072768.jpg


チロルスカートをたくさん直しに出すことに。
ヴィンテージなのでリメイクするのは勇気が必要。
でも、着ないでしまうだけなら
それは洋服として飼い殺してる気がします。
たくさん身につける機会を見つけるために
少し着やすく変身してもらいます

b0343646_23072894.jpg


はやく寝ます

おやすみなさい

by erisotto-voce | 2017-04-03 23:01 | Comments(0)

先月の総社での様子

b0343646_16352671.jpg

写真と講座の様子を広報誌に載せていただきました。
また、ご丁寧に送っていただき、ありがとうございます😊
次回の総社行きは
6月です。
すぐですよ!

日にちはいまわからない^_^忘れました。
ちゃんと告知します。

今日は仕事終了!
夜は秘密会議です🤑
by erisotto-voce | 2017-04-03 16:31 | Comments(0)
思ったことを全部口に出すと失敗することもある。経験者でもあります。
でも、今一つだけ心がけていることはあります。

例えば
あるひとたちが何かの会開いたとします。
それに対して終わってから余韻に浸っているときに

「ここをこうすればよかったのに」
「今度はこうしたら?」

という言葉を言ったり書いちゃうことはしない。部外者ですから。
当事者のみなさんが反省点を言い合うなら納得ですけど。

もしも思っていてもそのタイミングでは私は言わない。
そのイベントが無事に終わるまでの経過を想像すると
まずは「よく頑張ったね」と思います。

そして、何か聞かれたら言います。

人が寄って何かをするには
それぞれの生活も違う。時間や金銭の観念も違う。
当日に向かってのすり合わせや練習は絶対にその人たちが成長する。
あるいはそこで決裂してしまって、抜けていく人もいることでしょう。
でも、一つのことに向かい、その日を大切に思って頑張った経過を大事にしてあげたい。
そして、「こうすればよかったのに」は私は1番嫌いな言葉で
過去は塗り替えることはできないからです。
戻ってやり直しはできない。
だからこれからどうするか?が大事で
それはやはり当事者たちが1番考えていることなので任せてあげたらいいな。

そして、そのイベントや事柄を成功させようとしている過程でみんなで話し合って
その予算内や、いまできる範囲のことで精一杯やったなら
やっぱりそれは素晴らしい、尊いことだと思う。

それでも、アイディア等伝えたいことがある場合はタイミングが大事。

何事も上から目線にならないようにしたい。

言葉は大事。
かけるタイミングも大事。

しかし、多くのお金を払って観たり聴いたりするプロの現場に対しては
それはまた違うかもしれないですね。

とにかく
私は「こうすればいいな」と思ってもあまり言わないので(仕事では言いますわ。会議とかでは言いすぎて反省することも多いです)
どうしたらいいか聞きたい時は言ってください😉
丁寧に答えたいと思っております。

「何が原因かな?何を工夫すればよかったかな?何が足らなかったかな?」
と、気がつかないままなのも寂しいし
また、本当のことがわからなくて前進できないのを心配して、アドバイスしてあげてる人もいると思う。
難しいよね。
だからタイミングを考えて、だったら役に立つかもしれませんね。

by erisotto-voce | 2017-04-01 14:18 | Comments(0)

ホームページは「吉井江里WIX」で検索してください。 岡山市で活動している吉井江里です♪ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。


by erisotto-voce