お彼岸

家族の命日が23日

今日は少し早いけどお墓参りに行って来ました。
毎月の命日かぞの前後にはお墓に行きますが
今月はお彼岸なので車がいっぱいでした。
それでもすごく長居をする人はいないでしょうから
どんどんと入れ替わるように車も人も出入りしますね。

いつもお墓には濡らしたタオルを持って行き
きれいに拭くのですが今日はすっかり忘れていました。
しきびは家族が用意してくれたので、お花は今回は買わずに、庭にいっぱい植えてある花を持っていきました。
いつもそういうときはきちんと整えて輪ゴムで縛って
左右に生ける二束を持っていきます。
演奏会などでたくさんいただいたときも、その中から少しお墓に持っていきます。

今日はお墓参りのあとはひとりでゆっくり過ごしました。
しかし
これからプリンターの設置という嫌いな作業があります。
でもやらないとだめなんです.....
がんばろう!

やっとできました。簡単なんだ....無線LANの設定って。
いや、簡単になったんでしょうね。
どんどん簡単になる。でも、なかなか箱から出していろいろって躊躇してしまいますね

ゆっくりお風呂に入って寝ます。

さあ、明日からどんどん書類をつくるぞ〜〜〜〜

# by erisotto-voce | 2014-09-21 22:13 | Comments(0)
昨夜は久しぶりに劇団四季の公演を観に行きました。

キリストの最期の描き方、どんな風に演出するのだろう?と思っていました。
最後、とっても悲しく衝撃的な場面が進行して行く中
ユダと女性たちが上下の手前でロックな歌唱と出で立ちで例の有名な歌を歌う
その対照的な場面が終わり
本当に十字架で絶命するところで終わったのでびっくりしました。
数年前に岡山に来た時、もっと前だったかもしれないですが
チケットをお願いしようとしたら満席でとれなかったので見逃していました。
やっと観られてよかったです。

キリストが十字架を背負ってゴルゴダの丘を上がっていく様子は
宗教曲にはその描写があり、ラテン語やドイツ語で歌います。
バッハのヨハネ受難曲や
モーツァルトのAve verum corpus など。
映画パッションでその具体的な様子をみました。
目を背けたくなるけど、最後に死んだはずの彼が打ち付けられて穴があいてしまった手のひらでふわりと生き返る?シーンで終わり、それもまた衝撃的で印象に残っています。

四季の役者さんたちはあの難しい曲をきちんと歌ってらっしゃいました。
やっぱりソルフェージュの力や訓練がきちんとしている印象です。

劇場を出るとき
多くの人の波でしたが
皆さん、何と無く高揚した表情だったと思います。
生の舞台を鑑賞することはいいですね。
子供さんには難しい内容だったと思いますが。

# by erisotto-voce | 2014-09-21 09:20 | Comments(0)

彼岸花

b0343646_11530620.jpg
庭の鉢植えの彼岸花

今朝から咲いています
b0343646_11532289.jpg

# by erisotto-voce | 2014-09-20 11:53 | Comments(0)

誰でも最初ははじめて

自分にとって、ちょっと難しいかな?と思うことにチャレンジするのはいいことだけど、
先が見えなくてクラクラしてしまうでしょう。
でも、スイスイいってる人も
最初はみんなはじめて。
最初から簡単にできてしまうようなことではないけど
過程を楽しみませんか?
あきらめずに。ね。

あるところで絵画の展覧会のチケットを見せられましたが

先生は絵画には関係ないよね。
興味ないよね。
忙しいよね。
というお言葉をいただきました

が、
芸術は全て繋がっていますよ。

音楽とアートは深く繋がってますよ。


観たければ、県外でも行きます。
でも、自分でチョイスします。

# by erisotto-voce | 2014-09-20 02:10 | Comments(0)
というようなラインのメッセージが家族から届きました。
いろんなお別れがあります。
お別れは仕方ないことですが、生きてるうちに、その瞬間を大事にしていきたいものです。

今朝は天満屋カルチャーの「心を癒す懐かしの童謡、唱歌、愛唱歌」の講座でした。

今日歌った童謡の中には(今日は皆さんからのリクエスト)
お母さんへの感謝を歌った歌があり(やさしいおかあさま)
いい歌だなあ〜と思いました。
私が曲を選ぶとどうも偏るので
こうして時々リクエスト大会にします。
懐かしい歌、はじめての歌、日本の歌のよさと日本語の美しさ
心にぐっとくるものがあります。

10月からまた新しいクールです。お教室にはまだまだ席がありますので
ご見学、ご入会お待ちしております。

1月からはパーソナルレッスンがスタートします。
今日、詳しい内容を係の方と打ち合わせました。
楽しみです♪

午後からは、あるところで
ある作品の楽曲分析。私の1番好きなことです。
弾いているうちに新しい発見がいっぱいあります。

ちょっと家の中がぐちゃぐちゃになっているので
今日は寝ないで(変な時間にという意味)片付けます。

明日は第九の練習ですね〜。よろしくお願いいたします。







# by erisotto-voce | 2014-09-18 21:30 | Comments(0)

ホームページは「吉井江里WIX」で検索してください。 岡山市で活動している吉井江里です♪ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。


by erisotto-voce
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31