いま確かに聴こえた

ネコが寝言を言った

よーいっしゅっ(ブルブル)←ふるえ

平和だ。

おやすみなさい。
# by erisotto-voce | 2017-08-12 01:34 | Comments(0)

同窓会が予定されて

小学校の時の同窓会が開かれることになり、とても楽しみにしていたのだが
家庭の事情で参加が難しくなってとても残念。
先生がまだお元気でご存命であるとのこと、とても嬉しいです。
でも、一つのクラス。全員には連絡がつかない。あれからもうかなり時間が経っているから。
それでもなんとか開催できるようにと頑張ってくれた同級生に感謝です。

でも、小学校も中学もあまり好きではなく
高校は女子校特有の楽しさと、音楽科という特殊なクラスだったので
それなりに厳しく、きっと高校生ぐらいの時って楽しいこともいっぱいあるけれど
常に練習が頭のどこかにあるので、苦しい日々ではあったように思う。

おやすみなさい。

朝にはコラムがアップされます

# by erisotto-voce | 2017-08-11 03:12 | Comments(0)
明日はお休みですが、午後からお坊さまが来てくださるので
まず、悪の巣窟のようになっている仏間兼クロゼットをひたすら片付け
掃除機をかける。お仏壇の中も整える。埃を払う。
そこまではなんとかできた。
拭き掃除を丹念にしないと、お坊さんの足袋が真っ黒になるので、気をつけますわ。
一体どれだけ拭き掃除していないのだろう?と思いますが
こうやって来てくださるからたまには風通し良くなるので、楽しみではあります。

お墓まいりも数年はずっと月命日か、その前後に行けていたのですが
ここ数年はなかなか行けない。その日には。
それなら、と一度早朝に(7時過ぎとか)行けば、きっと空いていて
仕事の前に清々しい気分になるなあ、と思って勇んで出かけたのですが
その道、すごい渋滞なんです。朝は。
それから、自転車の高校生の列がすごい。時間がすごくかかってしまいました。
もっと早く夜明けぐらいならきっと空いているのでしょうが、誰もいないお墓に行くのもなんか、、、
ですから、お盆はきちんとしたい。

少し前にピラティスの先生に教えていただいたのでマットとボールも用意、先生にいただいたセラバンドで
なんとか覚えている記憶とユーチューブなどで復習。
夜は糖質をカットして、なんとか体力をつけたい。引き締めたい。
お世話になっているとあるところのスタッフさんの頑張りと効果を見ているとすごく刺激になる。

八月になるとちょっとだけ昔を思い出す。
仕事を決めないまま田舎へ帰って来て、アルバイトに行っていた先のこと。洋服の販売でした。
仕事、学校へ勤めたかったけれどタイミングや求人の条件が合わなかったりして行き先がなかったので
すぐ、アルバイトを探しに行った。迷わず、自分の好きなデザイナーの洋服のお店に飛び込み
次の日から働いた。
いろんな人が来て、「どうして音楽のことをしないの?」「ここにいてどうなるの?』「やめなさい」など
好き勝手なアドバイスをくれたけど、私は音楽をやめたわけではないし、ちゃんと伴奏の仕事や
練習だけはきちんとやっていたので特に耳を貸すこともなくやり過ごした


そこのマネージャーさんが話を聞いてくれ、口を利いてくれて、音楽教室に連れて行って働けるようになった。

九月ぐらいからは音楽教室と掛け持ちになったけど、四月から八月は真面目に毎日頑張ってた。
朝早く、開店よりかなり早く行くと、シーチングと言って、洋服に布がかけてあって(埃除け)
全体がシーンとして仄暗い。
少しすると、あるブランドから大きな声がする「いらっしゃいませーーーー」と発声練習をしているのだ。
そのブランドだけだったかな。そんな訓練をしていたのは。
でも、どんな職業でも、声はとっても大事。
声がきちんと出る、自分の思いを伝えられる人は仕事もできる。
その「いらっしゃいませーーーー」はきっと言わされていたんだろうけど
ハリのある、いい声、一階にも聞こえてたよ。おぼえている。

その時、私のいたブランドの販売会社の社長さんが、社員とアルバイトを食事に連れて行ってくれて
その後はカラオケのあるお店に行った。
社長さんは「販売をするなら、カラオケぐらい一人で歌えないと!」とみんなに歌わせた。
結構みんなよく歌ってた。

そんなシーンを思い出しながら寝ましょうかねえ。

八月は講座もお休みの方が多いですが
きっとそれぞれご家庭のことでお忙しいんでしょうね。
暑いから頑張りすぎないで、疲れを溜めないでくださいね。
また次、お目にかかりましょう。
b0343646_00121580.jpg
お腹すいたよ。

# by erisotto-voce | 2017-08-11 00:12 | 日常 | Comments(0)

仕事から帰って

最近のレギュラーの仕事は遅くても17時。
早い時は15時に終わるようにしている。

実は、仕事は、その日の片付けや事務仕事、次の日の支度、と
帰ってからの作業の時間方が長い。練習や新しい曲をおぼえることもするので
時間はいくらあっても足らない。
次の準備が軽い時は、家事を済ませてだらダラダラしてることもちろんある。
でも、あまり遊びには行かない。
映画ぐらい。
ショッピングはもうあまりしない。必要最小限をネットで買っちゃう。
とにかく、遊びに行く余裕と体力はあまりない。
それよりは静かに過ごす方が好みである。

買い物といえば
ある程度に年齢になってくると、片付けたくなる。今までのものが増えすぎて
うざったくなることもあるし、老後のことを考えると物を片付けたくなる。
だから世の中「断捨離」ブームですよねー。
あれってどうなのかな。
確かにものを少なくしたらスッキリするけど、
すごく真に受けて無理なもの減らしをする人の中には人の都合おかまいなしに
送りつけてしまうような人も出現してる、、、、、尋常じゃない量のものを送ったりね、、、
欲しいものを考えもせずに買いためて
今度は断捨離しなくては、と捨てることにエネルギー。いや、捨てるのならいいんですがね、、、、、

経験から言うと
事情があって業者の人にお世話になったことがある。
一度は立ちあったけれど、短時間に見事に空になる。貴重品、思い出のものチェックもしてくれる。
お金はもちろん必要。
お掃除まで。

時間があれば自分のため、遺された人のために
ゆっくりと時間をかけて愛着のあるものと対話しながらお別れして行くのが理想かな。
とにかく、ブームだとか
そのような話を聞いたから、急がなくっちゃ、と無理にやってはいけないかもしれない。

ちなみに、遺品整理業の人にこんなことを聞いてみた。
「家の中のものをぜーーんぶ出して、外に並べて、いるものだけ選んで持って入って設置して、いらないものを持って帰るなんてことはできます?」
と。
もちろん答えはイエスだった。
そしていらないものは持って帰ってもらうのだ。お金を払って。
ここ近年はお値段がアップしているような気がします。

まあ、とにかく
ものを増やさない、買わないようにしたいものです。
経済の発展には協力的でなくなるけど。


# by erisotto-voce | 2017-08-10 01:25 | Comments(0)

揺さぶられるこころ

最近とみにレコードが気になり、古いレコードを聴いて!捨てないで!と話しているのに
某所でiPadからBluetoothで飛ばして聴いたBOSEのスピーカーの音も捨てがたい。
新旧の間で揺れ動くわたし。
b0343646_20364342.jpg
でも知っている
生演奏にはもっとこころを揺さぶられると。

ここのところあまり大きな演奏会が以前みたいにはない感じがするし、
行ってもお客さんが少ない気がしてる。
いろいろと思うことがある。


# by erisotto-voce | 2017-08-08 20:11 | Comments(0)

ホームページは「吉井江里WIX」で検索してください。 岡山市で活動している吉井江里です♪ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。


by erisotto-voce