感謝1

イベントの翌日ではありますが
朝から仕事があり、午後からも用事があり、それでも仮眠だけはして(ここが健康の秘訣かも)
夜になって片付けをはじめています。

多くはもう眠くて書けないので
様子がわかる写真だけ載せますね

b0343646_01101928.png
大阪から声楽家の友人が歌いに来てくれました。

廣澤敦子さん。 →ブログ 音楽家の日常
もう7、8年、いや、多分もうちょっと前ではないかと思いますが
私の指揮の先生が神戸で指揮されるのでちょっと調べていたら
この廣澤さんのブログに突き当たりました。

それで、思い切ってメッセージを。コメントかな?
そこから行ったり来たりしながら、ネット上でもお互いの合唱指揮や指導、楽曲などへのことなど
音楽の話や悩みを話しあうおつきあい。

今回のことをお願いする前に、岡山まで来てくれて
伴奏をさせてもらって、ああ、やっぱりこの人は素晴らしいと確信し、
また、フランス・ホイツ先生の公開レッスン
そして、11月にあのエリー・アメリング先生のマスタークラス(公開レッスンと終了演奏会)の企画と
私に勉強の機会を与えてくれています。
エリー先生をお呼びできるなんてこれはもうすごいこと。
私たちの年代は、シュワルツコップ、エリー、シュライアー、プライなどを聴いて育ちました。
余談ですが私はその前にウィーン少年合唱団が好きで、それでシューベルトの音楽を小学校の夏休みにずっとずっと聴きました。
正確に言うと、合唱団の先生に毎日聴かせていただいたのです。
それがすごく心に残っています。
そして、ウィーン少年合唱団の先生は弾き振り。
私はそれを真似しているのかもしれませんねw

廣澤さんの歌は会場の皆さんを別の世界に招いたような感じでした。
大声にまかせて圧倒するような
あまり音楽的ではないうたではなく
ほんものだと思いました。
そして、発声に無理が無く、こちらも心配しなくてよいのです。

また一緒に演奏したいな〜と思いました。

私は若い頃はずっと歌曲や合唱の伴奏をしていたのですが
このところはそういうことについて、少し消極的でした。
なぜかは書けません。

でも、本当に好きなのは歌曲の伴奏と(オペラは違います)合唱の伴奏と指導と指揮
そしてピアノ全般。
まあ、あとは歌謡曲もJポップも外国のポップスも好きです。
でも、あるジャンルはもう卒業しようと思っています。無理して続けるのは無理。
シャンソンはそろそろはじめたいな〜

などと思いながら
久しぶりにR・シュトラウスの楽譜を取り出したりしています!
もちろんベートーベンも。

さあ、明日も頑張る
b0343646_01104098.jpg
マモちゃんも来てくれましたよ〜

b0343646_01102807.jpg
テルミンの中村隆子さんと。
この衣装はお願いして着ていただきました。
素敵。


by erisotto-voce | 2015-11-05 01:29

ホームページは「吉井江里WIX」で検索してください。 岡山市で活動している吉井江里です♪ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。


by erisotto-voce
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る