中学生のころは洋楽ばかり聴いていました

私たちが中学生の頃は
クィーンなどを聴いていました。今でもあのレコードジャケットを最初に観たときのドキッとした感じは忘れられません。
わかりますか?あれです。
ああ、名前が出て来ない。アルバムのタイトル!

グリーンのバックにロボットのおばけみたいな大きなのがいて
クィーンのメンバーが襲われたあとのようなジャケットです。(わかる?)

久しぶりにあの中の曲がラジオで流れました。
そのときに「なんて若い声でしょ」と思いました。
当時はおじさんかおにいさんの声に聴こえたのに!

それだけ私が大人になったということですよね。

映画もそうですね。主人公に対する感じ方が違ってきます。年齢がかわってくると。

昨日は久しぶりに「プラダを着た悪魔」を観ました。
髪型とかお化粧とか意識で人ってこんなに変わるの?と思う位、主人公がきれいになります。
でも、大切なものを失っていく。
忙しいというのは心を失うということがよく描かれています。

今年一年充実していましたが
傍から見てどうだったのでしょうか?
忙しいかもと感じさせないで生きていきたいです。
もしも私が疲れているように見えたとしたら
実はそれは明け方までネットにハマっていて、完全に睡眠不足だ!とか
思っていただきたいなあ。
絶対に一日きちんとお勤めしていらっしゃる方にくらべるとゆっくりしているのです。
また、今年は進んでお昼寝タイムもつくりました。
きっと来年もそんな感じでゆるゆるとやっていくことでしょう。

猫とゆっくり話をしながら夜なべでししゅうをしたり
いつまでもだらだらと起きていて、朝起きれなくてお化粧が簡易だったり
髪がはねてたりもつれていたり
そんな私でいきます。

もっとピアノも弾こう〜
ピアノ大好き♡
いやだと思った事も練習がつらいと思ったこともありません。
毎日しっかり練習すると気持ちもすっきり

明日はお仕事です。
予約無しでも大丈夫ですよ。お待ちしています。
どこでなにが?それはシークレット。

by erisotto-voce | 2015-12-26 03:02

ホームページは「吉井江里WIX」で検索してください。 岡山市で活動している吉井江里です♪ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。


by erisotto-voce
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る