明日はとあるところの愛育委員の皆様のところにまいります

午前の講座が済んだら
愛育委員会の皆様のお集まりに講師としてお邪魔します。
楽しい時間が過ごせますよう、はりきってまいります。

以前、総社でも呼んでいただきました。
今はなかなか遠く迄行けませんが
何かの機会がありましたら、声をかけてくださいね。


さて、今日はドラッグストアで猫の食べ物の他に(これがメインの買い物なんて....)

化粧品なども買い込んできました。
頭皮のマッサージのスプレー等も

これからいろいろお手入れいたします。

明日は仕事から帰ったら練習をたっぷりするぞ〜
やっぱりクラシックを弾かないと、きちんと発声もしないと
いつも不安なのです。

繰り返し繰り返し
ずっと同じことを何度もやって
やっと安心して眠れます。
音楽をやっているひとはそうでしょうね。

先日、バレエの先生が
速い動きからスローモーションのような動きにかわるときに
意識やからだが落ちてはいけないっておっしゃってたけど
それはやっぱり音楽でもそうですね。
P(ピアノ)だからゆるくやわらかくではなく
実はPはかたく、慎重に、決して抜いてない、ゆるまない。
そういうこと、共通しています。
だから、何を観ても何を聴いても、結局は同じで、勉強になるのです。

そしてやっぱり
ちょっと前にある人と話したけど
何をするにも「しつけ」が大事ですね。ってことです。
本当にそれはそうなのです。
人として大事なこと、破ってはいけないことがある。
忘れてはいけない。

ね。

そして、敬愛を持って!


b0343646_00253067.jpg



by erisotto-voce | 2016-02-18 23:36

ホームページは「吉井江里WIX」で検索してください。 岡山市で活動している吉井江里です♪ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。


by erisotto-voce
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る