冬からの新しいチャレンジです

冬から山陽新聞本社ビルの山陽新聞カルチャープラザで新しい講座をオープンすることになりました。
タイトルや内容は8月始めに提出する予定で、今頑張って支度をしています。
毎月、第1・3土曜日の午前中で
なんと、バーのある(飲むバーではなくw)お部屋で
生きるため、これからの生活に役に立つ「声」のためのトレーニングです。
声を使う仕事ってほとんどがそうではないですか?
喉を痛めやすかったり、電話の応対、人前で話す機会があるけれど自信がない、喋ることや歌うことの機会が少なくて機能が低下しているなど、お悩みに対応していきたいと思います。
私は自分の声にはずっと不安を抱えていました。歌う声も話す声も大きくない。
だからこそできる、お伝えできることがたくさんあります。
そして、毎日とても声を使っても喉を痛めることがないような工夫や回復方法(前はよく声が出なくなってました)などもお伝えしたいです。
そしてやっぱり年上の方には誤嚥性肺炎の予防をお伝えしたいです。誤嚥性肺炎で亡くなった家族の治療、亡くなるまでの一ヶ月の経過に付き添い、経験していますので、できればあのような苦しい思いをして欲しくない。その想いが強いです。
そして、最近は外に出にくい、人との関係がうまくいかない、インターネットがあるので喋らなくても事が足りることによって、声が出しにくくなっている、口が動かなくなっていて、いざ外で自分のこと、想いを伝えようとした時にうまくいかなくて悩んでしまうようなことも多くなっています。これも気になっています。やはりボイストレーニングは必要です。心の状態と相談しながら。
そのようなこと、とにかく「声は人生の大切なツール」をテーマ進んで参ります。
体験会は秋に行いますので決定しましたら告知いたします。
よろしくお願い申し上げます。

なお、現在山陽新聞カルチャープラザでは
「歌って健康いきいきライフ」本部教室 第1・3水曜日午前
「心を癒すなつかしの童謡、唱歌、愛唱歌」天満屋教室 第1・3木曜日午前
「吉井江里のピアノで歌おう パーソナルレッスン」個人レッスン
水曜日、木曜日午後 天満屋教室

以上のお教室を担当しています。
こちらは無料で体験していただけるので
お気軽にご体験くださいね。無理な勧誘は一切ありません。

by erisotto-voce | 2017-07-22 23:10 | いきいき健康ボイトレ

ホームページは「吉井江里WIX」で検索してください。 岡山市で活動している吉井江里です♪ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。


by erisotto-voce
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る