岩井俊二監督作品について メモ

「花は咲く」をよく歌う機会がありますが
あの曲の詞を作った岩井俊二作品にはクラシックの名曲が使われているのと
ピアノをとても大事にしているようなので調べてみた メモです。

そして綾野剛さん、好きです(笑)

音楽監督は桑原まこさん

劇中歌もよい
荒井由実 「何もなかったように」

森田童子 「ぼくたちの失敗」

挿入されているクラシックは
メンデルスゾーン作曲で編曲がリストの 「歌の翼」

モーツァルトの「アイネクライネナハトムジーク(カタカナで書くと変)」の第二楽章「ロマンツェ」
同じく「フルートとハープのための協奏曲Cdur 第二楽章 アンダンティーノ」

バッハの「主よ人の望みの喜びよ」
「管弦楽組曲第3番 ニ長調 第二極アリア」
「羊は安らかに草を食み」
「アリア 汝わがそばにあらば、喜びもてわれは行く」

続きはまたあとで



by erisotto-voce | 2018-05-05 08:16

ホームページは「吉井江里WIX」で検索してください。 岡山市で活動している吉井江里です♪ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。


by erisotto-voce
カレンダー