カテゴリ:ミュージカルワークショップ( 1 )

ミュージカルワークショップの募集がはじまっています

岡山シンフォニーホールミュージカルワークショップ

受講生募集の案内を書きました。

実は昨年度から特に考えているのは
「中高生であっても、先に指導者になることも見据えて指導のノウハウを惜しみなく与える」ということです。
どんなに素晴らしい声を持っていても、
指導者となると指導の方法がこういったチームでやっていかないといけない種類のものでは必要な指導ができない場合があります。
空気を読めないといけない部分もあるし、柔軟性や臨機応変さが大切です。
それはやっぱり「指導」のための指導、あるいは経験がないとできないわけですので
受講生が社会人であろうと学生であろうと
可能性は皆にあるわけなので、指導できる人を育てていくのはこれからのわたしたちの年齢ぐらいの指導者が次にやらないといけないことです。

重ねて言いますと
合唱指導者も育たないといけなくて
そのためにはまずとにかくいろんな企画に顔を出していただいてくれたらいいのに。
指導の声がかかるまで待つんじゃなくて
とにかく現場へ飛び込む。
子育て中の方は参加が難しいと思いますが
それは「期間限定」のものや、子供たちが学校に行っている間に参加できるところ(多くの女声の合唱団は昼の練習)に参加
まずは指導のノウハウをしっかりおぼえて行くことが近道です。
自分の先生から話をいただいて仕事へ、となる場合が多い世界ではありますが
それはいつになるかわからない。チャンスは転がってはないので
自分でゲットしにいかないといけないのかな。でも「仕事したい」と仕事そのものを得ることばかり考えたり声に出さないで
「教える技術」をしっかりと手にするところから考えてみたいですね。
b0343646_20414040.jpg

by erisotto-voce | 2018-03-04 01:45 | ミュージカルワークショップ

ホームページは「吉井江里WIX」で検索してください。 岡山市で活動している吉井江里です♪ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。


by erisotto-voce
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る