人気ブログランキング |

<   2019年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

note 「良寛さん」

良寛さんについて note

noteに投稿しました

今日はもう眠くて眠くて。
明日のことは明日やろう・・・・

おやすみなさい

by erisotto-voce | 2019-03-30 23:51 | 音楽コラム

円通寺 2

二十数年前に桜を観に行ったはずなのですが
何も記憶がなくて・・・・・・・

円通寺のあたり、今日はまだ桜はあまり咲いていなかったのですが
一本だけ咲いていました。種類が違うのかもしれません。
b0343646_21432700.jpg

b0343646_21432995.jpg

b0343646_21433266.jpg

b0343646_21433578.jpg
鐘を突いてきました。
響がなが〜く続き、美しかった。
いいお天気でよかったです。

バスを降りて上へ上がるのに
長くて急な階段があらわれ
少々ひるみましたが
みんな階段で上へ。



by erisotto-voce | 2019-03-29 21:42

良寛さんが修行された場所へ。

b0343646_15223224.jpg
良寛さんが修行された場所へ。
b0343646_15230576.jpg
良寛相聞を歌うために
合唱団で研修旅行に。

定期演奏会は
10月22日です。
b0343646_15244034.jpg


by erisotto-voce | 2019-03-29 15:22

天満屋カルチャー教室(山陽新聞カルチャー)吉井江里のピアノで歌おうパーソナルレッスン

岡山市北区表町にある天満屋デパート。
そのすぐ側の建物には山陽新聞カルチャー教室のフロアがあります。
私が担当しているのは2つの講座で
ひとつは「吉井江里のピアノで歌おう パーソナルレッスン」木曜コース(リンクをクリック)
    「吉井江里のピアノで歌おう パーソナルレッスン」水曜コース

「心を癒す懐かしの童謡、唱歌、愛唱歌」
です。

教室の様子を写真でお知らせします。
お部屋の広さは8畳ほどで縦長です。
4階にあるレッスン室へはエレベーターで上がることができます。
受付は3階です。

b0343646_16290016.jpg


b0343646_16292417.jpg
なるべく生徒さんのお顔を見ながらレッスンしたいので
楽譜は譜面台で、体はピアノの方へ。
今はJポップ中心の方と
クラシック中心の方がレッスンを受けてらっしゃるのですが
パーソナルレッスンですからそれぞれのご希望をおたずねして
一緒に選曲して決めます。




by erisotto-voce | 2019-03-27 23:26 | 個人レッスン 天満屋カルチャー

禁酒会館で歌声喫茶 リビング新聞カルチャー いつでもご体験、ご入会できます

月曜日にいただいたお花を持って行きました。
みなさん喜んでくださるので私も嬉しいです。
生のお花がないときは造花でもいいし
なにか一つはその場を華やかにしてくれるアイテムを持参です。

b0343646_15074716.jpg
b0343646_15104870.jpg
これまた椅子がとても趣があるもので花にぴったり
b0343646_15114201.jpg
T田さんがおうちのお花を持ってきてくださったので
一緒に挿しました。素敵。
b0343646_15122855.jpg
BOSEのブルートゥーススピーカーここでも大活躍。
みなさんが揃われるまでクラシックなどを流して
雰囲気を盛り上げます。

一回一回を大事にしています。

リビング新聞カルチャー  
「禁酒会館で歌声喫茶」
毎月第2、4水曜日の朝。10時から11時半まで。
今は30人ほどで歌っています。

■問い合わせ先
リビング事業社
TEL 086-235-2433 ※平日 午前9時15分~午後6時15分営業

会場の禁酒会館は大正12年に建てられています。
二階の集会場で行っていますが階段があります。
エレベーターがないので階段が自力でのぼれないと難しいです。
階段がもうしんどい、という方は
他のお教室をご案内します。
私のところで時間や場所が合わなかったら
他のいい先生のところもご紹介しますので
ご遠慮なく相談してくださいね。

いま歌いたい
そんな気持ちを大切に。

お問い合わせはこちらから
お問い合わせページ





by erisotto-voce | 2019-03-27 15:21 | 講座案内

個人レッスンについてのお問い合わせについて

自宅の個人レッスンは今は新規は引き受けていません。
どうしても、という場合や
緊急の(近々に歌う必要がある、オーディション対策、受験など)場合は
ご相談ください。
月に何回、というレッスンは行っていません。
そして面識のない方のレッスンはできません。
ご紹介者がいらっしゃる場合は可能です。

天満屋カルチャーでの個人レッスンは月に二回で
第2、4の水曜の午後、第1、3の木曜の午後 少しレッスンしています。
こちらは三ヶ月単位でのお申し込みです。
天満屋カルチャー受付までお問い合わせください。

そのほかにご希望があれば禁酒会館(シンフォニーホールすぐそば)でのレッスンも可能です。
この場合は会場費も必要になりますのでご注意ください。

コツコツとレッスンを重ねることも
たまに受けてみようかな、と単発も可能ですが
現在は個人レッスンはあまり積極的には募集していません。

ご質問がありましたので以上お知らせします。

レッスン代金は
天満屋カルチャーはHPで確認してください。30分で3000円ちょっとと消費税

他のレッスンは
1時間5000円〜7000円で、内容によって違います。
また、楽典、ソルフェージュのレッスンも可能です。


by erisotto-voce | 2019-03-26 23:30

合唱指揮レッスン 岡山大学グリークラブ

今月のはじめに卒部式を終え、新しくスタートして
これから新入生を迎えるグリークラブ。
5日間の合宿を終えたばかりなのに今日は指揮のレッスンで
もちろん歌い手さんがいないとどうにもならないので
多くはないけど集まってくれた。

指揮者という立場を退くと今度は教えるという立場になった人から質問。
私の指揮は右手で拍を刻んだり揃えることを主にするけど
左手の表現についてどうしたら、どう教えたらよいかという質問。
とてもいい質問で
たとえば、ソプラノが他のパートにない動き
特に長く伸ばしたり高い音を出す時などに
それを左手で指示してあげるといいと思うね・・・とか
他のパートにない動きをするパートの指示とか
感情の表現を左手でできるといいね。
それには言葉も大事。多くの場合このサークルでは日本語の歌がほとんどなので
その日本語のニュアンス。音符はたとえば八分音符で均等に刻むように書かれていたとしても
喋るとき、そうは喋らないはずで
そこは何度もその言葉を声に出して喋ってみるとどう手で表現したらいいかわかるはず、とか
ピアノの音の指示も左手でできるといいね、とか
まあそういうマニアックなことを喋りながらの稽古。

どうしても思うのが
先生の真似をするとみんなが同じスタイルになるので
それぞれの個性を大事にしながらその人らしい指揮ができるように、というのが
私の大事にしているところです。

指揮は奥が深い。
難しいときもあれば楽しくてしょうがないときもある。
ときに悲しく、虚しいときもある。
でも、やっぱり好きで
こんなことを言ってはいけないけど
音楽をちゃんと示せている、とか
歌詞をどれだけ読み込んでいるか、にこだわっている人は少ないと思う。
私も今後は指揮する機会が多くなると思うが
やっぱりわかりやすく、そして自分の個性を大事にした指揮ができるといいな。
それには楽譜としっかり向き合うこと
歌う人たちと向き合うことかな。
大事にしたいことです。



by erisotto-voce | 2019-03-23 21:44 | 合唱

口角上げ上げ→脳にハッピーに過ごしている情報が伝わるらしい

ここ数年はライブハウスに音楽を聴きにいくこともなかったのですが

今年はどうしても生の声を聴きたいなって思うミュージシャンのライブへ。

その人はいくつかのバンドに在籍しているので

まずは香川まで聴きに行き、その数ヶ月後に違うバンドで岡山で聴くことができました。

いや〜。やっぱりいい。生の音楽はいい。

昔バンドをやってたこともありますから普段の音楽の仕事でやっているジャンル以外のものも

大好きです。

オールスタンディングですから体力が必要なのと

背が低いので後ろの方だとあまり見えないんですが

音楽を聴けたらいいのでまわりの人の頭や横顔を見ています😅

さて、そのバンドのライブ、男性のファンが多くて。

ちょっと意外でしたがたしかに上手なのと詩がいいのですよ。

それから何かと話題になった人がリードヴォーカルで

コーラスもいい。

まわりの男性は私より20センチほど背が高いです。

でもその顔もとを見ていると「口角が上がってる!」なんとも嬉しそうなんです。

私は歌や合唱の指導をしていますから「笑って!」とか「口角をあげて」ということも

お伝えします。でも嬉しくないのにそんなに笑うのも不自然かも・・・・

自然に笑顔になるのが一番いいです。言われなくても笑みがこぼれるような感じ。

聞くところによると、その口角が上がることによって

脳は「この人は今ハッピーかもしれない」という情報をキャッチして

とてもいい作用があるそうです。

だからライブでみんなが「ニヤリ」となって口角が上がるのはいいことだし

思わず体も動いていいことづくめです。

さて、そのライブの終盤に私が好きな曲が演奏されました。

そのイントロでもうみんなわかるわけで

一気にみんなの口角がぐぐぐ〜とあがったのを確かに見ました。

知っている歌、いつもYouTubeやアップルミュージックなどで聞いている歌が流れると

もう一緒に歌い出したい!となるわけです。

これは元気になりますよ〜

ストレスも吹っ飛ぶ!

音楽はこういうときに大きな大きな力を発揮します。

それにしても50代後半の私にはスタンディングのライブはちょっとキツいかもしれない。

仕事で立っているのは平気なんですけど

同じところに動けないままじっと立っているというのは厳しいものです。

口角上げ上げでまいりましょう〜




by erisotto-voce | 2019-03-23 13:55 | コラム(例のコラムから移転していっていま

天然生活・・・・・・地球丸さんの倒産

毎月20日は天然生活という月刊誌の発売日
いつも楽しみにしている。
買う前にかならずサイトで内容を確認してから書店へ。

が、サイトにはつながらず
ヤフーで検索すると「天然生活 破産」というワードが出てくる。
気になって調べると
販売元の地球丸さんの経営がうまくいかなくなったようなことが。
先月号の予告には特に何も書かれていなかったのだが(2月20日発売)
その後こういうことになったそうで
現場で雑誌を作っている人もなんとなく経営が上向きではないことはわかっていたと思う。
しかし突然で悲しい。

雑誌の内容より私は一年に一度出るカレンダーが好きだった。
軽くて小さくて持ち運べて
そして、詳しく七十二侯や二十四気節のことが書かれており
とても仕事で活用させていただいているので本当に残念。
デザインもよく
ネットで簡単に調べられてもこうやってカレンダーになっていると
とてもわかりやすくてよかったのに・・・・・

家にはたくさんのバックナンバーがある。

リンカラン、アルネ、旧クウネルの棚の横が天然生活。
もう処分しようかな、と思っていた号もあるけど
やっぱりまだ手元に置いておこうと思う。

ちなみに暮らしの手帖も結構あるが
松浦弥太郎さんの編集長時代の少し前あたりから松浦さんの初期のあたりが気に入っている。

本離れ、雑誌離れがこういうことになる。
便利になってスマホやPCで文字を読み写真をみる。
だけどやっぱり紙のものがいい。私は。
雨が降ってきて
寂しさがつのる・・・

追記
↓廃刊じゃなくて安心しましたね



by erisotto-voce | 2019-03-20 23:18 | 本、雑誌

実は一番大事なのは音をとる時のピアノ・・・・

私が所属していた小学校の合唱団では4年生ぐらいから(多分・・・記憶があいまい)
ピアノを弾ける子はオルガンで音をとるために弾かされたと思う。
先生は全身でそのレガートの必要性とか
音の質について小学生にわかるように指導されていて(先生ありがとう!)
自然に「歌うように」弾けるようになっていくような
そんな指導だった。

合唱で大事なのは実は音取りの段階でのその音の高さやリズムよりももっと
「歌うように」ピアノを弾いてもらえるかどうか、が
のちのちに影響してくる。
ものすごく大事なのに結構おざなりにされている。

歌詞をしっかり読みこんで
そして鍵盤をやさしく包み込んで美しくまろやかな音で音取りが行われたらいい。

私はそこはすごく大事にしている。
合唱だけではなく
普段の歌の講座の伴奏をしたり音を示したりするときも。

そこは譲れない。

あとは、歌の人たちの音が下がってしまったとき
カンカンとピアノを鳴らす行為は嫌い。
あれでは解決しない。
それが聞けて直せるようなら
そもそもそんなに下がらない。

じゃあ、どうする?というと
声で示す
手などで直す
方法をとっていく。

あとはやっぱり楽しいことをするために集まっているので
楽しい気分になってもらうことかな♡
それはとても大切なこと。
気分って大事。

お出かけの方、足元気をつけてくださいね。



by erisotto-voce | 2019-03-19 08:10 | 合唱

吉井江里サイト http://eri3005.wixsite.com/sotto-voce 岡山市で活動している吉井江里です♪合唱指揮、ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。


by erisotto-voce
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る