ブログトップ

歌って笑って元気いっぱい!吉井江里ブログ@岡山

歌詞は深い、いや、最近深く考えるようになったようだ...

土曜のライブで「点字のラブレター」を歌ってくださったかさじまさんがブログに色々書いて下さいました。

笠嶋俊秀さんブログ


b0343646_23532574.jpg



歌詞について、最近私はこんなことを思っています。

もうすぐ春がやってくる とか、 春よ来い

という歌詞、

たとえばユーミンさんの「春よ来い」や

ちょっと懐かしい歌ですが、「森の水車」で「楽しい春がやってくる」という部分です。

ただ季節が変わる、ということではなくて

いまのちょっと厳しい状況や寂しい状況に置かれている自分。苦しかったり動けない自分。

そういう状態から抜け出せるかもしれない、それが春なんだろうな〜と。(まあ、そう思って歌ってらっしゃる方は多いと思いますが)

ひょっとしたら自分には春も来ないかもしれないと思う事ももちろんあるでしょう。

絶望の中にいるときに、細くてもいいから一筋の光が見えたらどんなにいいか....と毎日過ごしている状況もある。

そんなとき
「夜明けの来ない夜はないさ.......」という歌詞を思い出します。

そういうふうに、この「点字のラブレター」はそれぞれのいまの立っている場所や環境から

もうちょっとだけ「勇気を出して進んでみたら?」と言われているような気がします。

そんな風に考えて私は歌っています。

ところで、次回この歌を弾き歌いする場所は、山陽新聞社のさん太広場で、と考えています。

それは10月末です。詳細はまたお知らせいたします。

その次は11月3日です。これは私の感謝デーという催しです。入場無料ですが整理券が必要です。



おやすみなさい!

追伸
「森の水車」の三番の
「もしもあなたが......」のところ
怠けてしまいそうになったら、森の水車のことを思い出して励みなさいっていう感じのところ
結構好きです。
私は怠け者なんですよ〜〜w



# by erisotto-voce | 2015-09-07 23:55

「歌はええ〜〜」@今朝の講座より 

今朝、講座でまるく椅子を並べて皆で見合いながら
音楽に合わせて体操

その後新しい曲を一回でおぼえて歌おう!と
必死でおぼえる。
すごい。歌声もまるで30代のように。
脳をぎゅぎゅぎゅと使っていただき

その後は出席をとってから
慣れた歌を歌う。

その間に会話も挟みながらね。

さあ、これが最後。と最後の歌を歌い終わった瞬間、H田さんが

「歌はええ〜〜〜〜」と大きな声。みんなも笑う。

そう。そうなんですよ〜

今日も大勢で歌いました。
1番年長の方は私より40歳ほど年上です。
私の母親ぐらいの年齢の方も多くいらっしゃるこの講座ですが
声が今日は特に美しかった〜

みなさんにもそれを告げました。

この講座は満員ですのでキャンセル待ちをしていただくようになっています。
空きがある教室もいっぱいありますのでお問い合わせくださいね。

「歌はええ〜〜」ですから!笑

b0343646_19125112.jpg




# by erisotto-voce | 2015-09-07 19:12

そして「点字のラブレター」の最新動画です@笠嶋俊秀ライブより



点字のラブレター@笠嶋俊秀 2015年9月5日

詩の内容や心情
じっくり考えて下さって、前日に合わせてテンポなど決めました

b0343646_23540133.jpg

# by erisotto-voce | 2015-09-06 10:46

ライブ終了しました@笠嶋俊秀ライブ 禁酒會館にて 3

おはようございます。

昨日は心地よい疲れでばっちり熟睡できました。よかった!

最近あまり眠れなかったものですから。


突然ですが、鳴りものが大好きです。だから昨日とその前の日のリハはうれしくて。

ピアノだけでも低音をきかせてリズムを刻むとそれなりの雰囲気は出るのですが
打楽器が入ると全然違うのです。

弾きやすい.........

でも、あまりお上手でない方とご一緒すると あれ? となることもあります。

昨日一緒に演奏した森本なつえさん(森本なつえブログ)はよく勉強してる&自分をきちんと持っているけど柔軟性があり、性格が(たぶん)いい。

だからとても弾きやすい。それと、色々試してみるという好奇心が旺盛な方、と思うのです。

実は何度かの共演の中では「明日お願いします!」など、打ち合わせもなにもなしのときもありました。

でも、バッチリ!


昨日も、やっぱり弾きやすく、楽しかったのです。

また11月に「歌え!わが心」で叩いていただくようにお願いしています。

「コンドルは飛んでいく」なんかをやりたいな〜

彼女はいろんな楽器をセットにして一人で運んで(もちろん車から)きてくれてますが

「なんか大変そう」っていう感じがない。軽やかです。

ミュージシャンっていいね。

b0343646_08065159.jpg

# by erisotto-voce | 2015-09-06 08:07 | イベント

ライブ終了しました@笠嶋俊秀ライブ 禁酒會館にて 2

やられた

完全に。と思ったのが

アンコールです。アンコールには私は関わっていません。歌う人=曲をつくった人=ピアノも弾いちゃう
というかたちだったのです。笠嶋俊秀さんのことね。

実はアンコールのあと、岡山側でもちょっとやっちゃおうと、前回のようなことをこっそり企画していました。

が、彼のオリジナル曲「東京」の演奏を聴いて、私たちの計画は無しにしました。

なぜならば、あまりにも心にスッと入ってきて、人生で一回目に聴くというのに魅了されてしまったからです。

魅了というのは違うかもしれないけど、なんか気持ちが溢れるっていうのでしょうか。
不思議な気持ちになってしまい、この余韻をお客様に持って帰って欲しいと思い、にぎやかなことはやめにしました。

ピアノの音のパラついた重なりにも驚きましたね。こういうピアノって面白い。

やっぱりこの人は面白い。面白いというか興味深い。

またいっしょに演奏したい!と強く思いました。



それと、弾き方によって音色が芳醇になる禁酒會館のピアノ。前回は実はピアノのペダルの不調であまり使えなかったのですが
今回は生ピアノの魅力を感じていただけたと思います。

私はやっぱりピアノを弾くのが好き。


次はパーカッションの森本なつえさんについて書くよ。

b0343646_23332115.jpg


# by erisotto-voce | 2015-09-05 23:33

ホームページは「吉井江里WIX」で検索してください。 岡山市で活動している吉井江里です♪ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。